07月« 2009年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2009年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Σ(゚д゚lll)ガーン


 ももが、左後ろ足を脱臼してしまいました。

じぃじと夕方の散歩に出かけた直後・・慌ててじぃじがももを抱っこして
連れて帰ってきました。

散歩中に急に鳴き出したみたいで
特に変に足を溝に落としたとか、そんなんは無かったらしい。


 とりあえず、掛かり付けの病院に。

30分ほど前に診察時間が終わってるけど・・
まだ30分だし、ブラインド越しに明かりもついてるし・・
と思ってインターホンを押したら看護師さんが出てきてくれました。

 (´∀`*)ホッとしたのも束の間。


--------診察時間が終わったので、先生もう帰られて居ないんですよ~。


 
 ・・・・・・・・・・・(゚Д゚ )へ?


足を痛めたみたいで、もしかしたら脱臼してるんじゃないかと・・・。
と言う、説明をしたのでそこまで切羽詰って無いと判断されたのでしょうか。

特に、先生の(自宅or携帯)に連絡を取ってくれる風もなく
何だったら明日来てもらうか・・・的な事を言われました。


   ・・・・・・・・・。


仕方ないので、その病院のスグ近くにもう一つある病院へ。

同じ様な事を言われました。

  先生・・・居ないってさ。


他に、診てくれそうなトコを聞いたけど・・・
まずは、掛かり付けの病院が一番的な事を言われました。

 いや、ソコに行ってダメだったから飛び込みでココに来てるんですけど・・・・。

ちょっと近隣ではわからないですねぇ・・・と。
で、隣の市の病院とか~・・・と。

 あー。そうね。隣の市の方がデカイもんね。
診てくれる病院あるかもね。。。。。 って、それをどうやって探せと?




 不安そうにジッとパパの腕の中で大人しくしてるももを見ると

-------------泣きそうになる。


携帯(iタウンページ)で、市内の病院の電話番号を調べ
他の病院に掛けてみたら・・実家方面の病院で
時間外だけど診てくれると言うトコがあったので連れて行きました。


 注射で麻酔を掛けて・・・レントゲン。


見事に外れてました。 脱臼です。

麻酔が効いてるうちに、先生が骨を入れてくれてもう一回
レントゲンで見ると、元通りキレイに治まってました。

麻酔も切れかけて、もう帰って良いよ。って事になり
ももパパがいつもの様にももを抱き上げたら

 「キャウン!」


先生が『また外れたかも。外れたね』と。


 エェェェェェΣΣ(゚д゚lll)ズガーン!!


次は注射じゃないガス?麻酔をして再び入れなおしてくれました。


で、分かった事。


 ももは、(多分)生まれつき脱臼しやすい子だそうです。

脱臼してない後ろの右足を先生が左右に動かすと
確かに股関節の辺りがカクカクしてたし・・・・。

なので、右後ろ足ももしかしたら、何かのきっかけで
ポロッと脱臼する可能性も無くは無いと・・・・。


この先生が言うこれからの方法。

 多分、またスグに外れる可能性が多いと。


① (外れても今すぐ即に病院に連れて行かなくても大丈夫らしいので)
  翌日とかに病院に連れて行ってその都度入れてもらう。

  あー。なるほど。だから最初の2軒では脱臼したかも!と言う説明を聞いて
明日でも大丈夫と言う判断されたんだ・・・なるほど。
でもさ・・・今すぐ診て欲しいってのが親心でしょーが。

② 手術する


ある意味2拓の様です。

 手術は2通りあるらしく・・・

脱臼はクセになりやすいので、通常の子だったら手術して
付け根のトコを1ヶ月くらいボルトで固定した後、またボルトを抜くらしい。

で、生まれつき抜けやすい子は手術で、どっかの部分を
切除してしまうとか何とか・・・。


 とりあえず、先生のしゃべり方って言うか話しが
ところどころカチン!と来るモノがパパもママもあったので
この病院で手術どころか、多分もぅ来ることは無いと思ったので
あまり手術内容に関しては詳しく聞かなかったです。はい。


  やっぱり、掛かり付けの病院が良い。(当たり前)


そしてお家に帰ってしばらくはパパ ⇒ じぃじ の順でももを
抱っこしたまま安定させてたのですが、さすがにいつまでも
そのまま居られないので昼間一緒に居てくれるじぃじの部屋に
もものゲージとベッドを移動させ、しばらく安静気味に様子を見る事に。

かなり気遣いながらももパパがももを寝かせようとしてくれたけど
ももがちょっと動いて、後ろ足に力が入ったみたいで

 「キャィィン!」 と一鳴きして ももたんフリーズ。


ΣΣ(゚д゚lll)(゚д゚lll)ガガーン!!!


  外れたみたいです・・・

     i|||i _| ̄|○ i|||i




完全にクセになってきてるのかもしれません。

 
 毎回抜けて痛い思いをさせてその都度病院に行って
麻酔して、脱臼を治してもらうか・・・・
それとも、頑張って手術するか・・・・。


 どちらにしても、痛い思いをするのはももなんだよね(´;ω;`)

明日は掛かり付けの病院も夜の7時半まで開いてるので
ももを連れて、先生に相談に行ってこようと思います。

ホントにももが生まれつき脱臼しやすいかどうかって事も
ちゃんと確認したいし。。。。だって今までそんな事なかったんだもん。

 掛かり付けの先生がどう言う判断と治療方法を勧めてくれるかはわからないけど
もも、ももにはパパとママとじぃじが付いてるからね。

何があっても、ももたんを守るから・・一緒に頑張ろうね。


もも





ランキングに参加中です(・∀・)

今はじぃじの部屋で大人しく、
自分の寝床で横になって眠ってます。

脱臼してしまたトホホなももたんに
愛ある励ましの応援投票ポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
スポンサーサイト

テーマ:柴犬 - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。